Z 2013/12/1 阻止ネットフォーラム 六ヶ所再処理工場と核のゴミ問題を考える

会場風景
開催日:2013 年 12 月 1 日 
午前の部  映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」  11時~(500円) 
午後の部  13時 30 分  ~ 16 時 30 分 
YMCAアジア青少年センター  スペースYホール  
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町 2-5-5(裏面地図参照) 
JR水道橋駅・徒歩5分、JR御茶ノ水駅・徒歩8分、地下鉄神保町駅・徒歩7分 

福島第一原子力発電所の事故後もなお、核のゴミを押し付けられている六ヶ所村。
いまあらためて、六ヶ所再処理工場の稼働について考えます。
青森の現状を共有し、原子力市民委員会が作成をめざす脱原子力政策大綱をヒントに、
原発のない未来への道筋を考えます。 

  チラシ表       チラシ裏

午前の部  11:00  ~  12:45   
映画「福島  六ヶ所  未来への伝言」上映・参加費:500 円(司会:パルシステム東京 野々山理恵子)
 核燃施設が建設された青森県六ヶ所村と原発事故後の福島をテーマにしたドキュメンタリー映画です。写真家の島田恵さんが初監督をしています。 
 監督のメッセージより
「私は、原子力といのちが共存できないことを身をもって体験している福島や青森の人たち、とりわけお母さんや子供たちに、いのちの尊さを伝えてもらおうと思います。そのことによって、日本に暮らす私たち一人ひとりがこの問題をどう引き受けていくのか、これからのエネルギーをどう選択していくのか、この映画がそのメッセージとなり得、未来の世代への贈り物となることを願っています。」 
 
休憩  12:45  ~  13:30 
午後の部  13:30  ~ 「六ヶ所再処理工場と核のゴミ問題を考える」(司会: 大地を守る会 來島晋一)
13:30~  主催者挨拶(あいコープみやぎ 多々良哲)   
13:35~  永田文夫さん(三陸の海を放射能から守る岩手の会  世話人)に聞く 
 ◆永田文夫さん
1964 年から工業化学科の教員として岩手県内の工業高校に勤務。日本アイソトープ協会滝沢村医療用放射性廃棄物処理工場の村委監視委員(1988.5~)。2005年2月に「三陸の海を放射能から守る岩手の会」を設立し、世話人を務める。
              伴英幸さん(原子力資料情報室) 
 ◆伴  英幸さん
1989 年  脱原発法制定運動の事務局スタッフ。1990年、原子力資料情報室スタッフ。事務局長を経て、1998年~共同代表を務める。
2013年 原子力市民委員会の第2部会(核廃棄物管理・処分部会)の部会コーディネーター
原発ゼロ社会への道 新しい公論形成のための中間報告」2013.10原子力市民委員会
(休憩 15 分) 
15:40~  会場との意見交換 (本ページ左上写真)
16:10~  阻止ネット行動提起 (生活クラブ千葉 木村庸子)
16:30    終了挨拶 (グリーンコープとっとり 小椋あけみ)


【主催】  「六ケ所再処理工場」に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワーク (略称:阻止ネット)
連絡先:日本消費者連盟  TEL 03-5155-4765  FAX 03-5155-4767 
E-mail office.j@nishoren.org  
Ċ
槌田博,
2013/12/15 22:33
ĉ
槌田博,
2013/12/15 22:57
Ċ
槌田博,
2013/12/15 20:46
Comments