Z 2014/10/16 阻止ネット公開シンポジウム

  • 7月16日、原子力規制委員会は、九州電力川内原発の新規制基準適合性審査に関し、合格通知にあたる審査書案を提示しました。2015年初頭にも再稼動の準備を進めている状況です。福島第一原発事故の教訓を踏まえたものにはなっていないこと、住民の安全を置き去りにした再稼働のための準備がすすめられています。、私たち阻止ネットは、強く反対します。
  • 2013年4月に、多くの研究者や技術者、NGO関係者などにより原子力市民委員会が発足し、「脱原子力政策大綱」の作成が進められ、4月13日に開催された「脱原発フォーラム」で「原子力市民委員会からの提言」として概要が報告されています。この・「原子力市民委員会からの提言」を、今こそ、広く社会へ問題提起をしたいと考え、阻止ネット主催で公開シンポジウムを10月16日に企画することとなりました。
  • 原子力市民委員会が提起した4つの課題は1)東電福島第一原発事故の被災地対策・被災者支援をどうするか、2)使用済核燃料、核廃棄物の管理・処分をどうするか、3)原発ゼロ社会構築への具体的な行程をどうするか、4)脱原発を前提とした原子力規制をどうするかです。
  • 公開シンポジウムでは、「原発ゼロ社会への行程」の詳細について部会長を担われた大島堅一立命館大学教授に講演を頂きます。その他、川内原発再稼動が今秋にも予定されている状況の中、大飯原発を先頭に各原発立地地域における住民訴訟が取り組まれています。多くの原発住民訴訟に関わる海渡雄一弁護士に住民視点での原発の問題点を提起して頂き、川内原発、、女川、福島など現地状況の報告も頂きます。

企画名

阻止ネット公開シンポジウム
「原発再稼動にNO!脱原発政策大綱原発ゼロ社会への行程」
     -原子力市民委員会からの提言-

最新チラシ

日時

20141016日(木) 133017

場所

東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67 表参道駅B2出口より徒歩7分)

タイム
スケジュール

総合司会 瀬戸大作(パルシステム生協連合会)

Pre.映画紹介 「日本と原発」私たちは原発で幸せですか? 弁護士河合弘之初監督作品 紹介者:木村結

開会挨拶 富山洋子(日本消費者連盟 顧問)

①基調講演 「脱原発政策大綱:原発ゼロ社会への行程」
    大島堅一さん(立命館大学教授・原子力市民委員会:原発ゼロ行程部会長)

②原発立地点からの報告
    川内原発 - 川上由美子(グリーンコープかごしま生協 副理事長)
    女川原発 - 多々良哲(あいコープみやぎ 専務理事)
    福島原発 - 土山雄司(生活クラブ生協ふくしま 専務理事)

③報告「各地の原発住民訴訟から原発再稼動の問題点を視る」
    海渡雄一さん(脱原発弁護団全国連絡会共同代表、脱原発法制定全国ネットワーク事務局長)

閉会挨拶 來島晋一(大地を守る会)

 動画配信配信サイトへのリンク UPLAN【前半】 内容:Pre開① 
UPLAN【後半】 内容:②③閉
(地域の学習会などでもご利用ください。)
  

■ 一般の方も参加できます。(資料代:500円) 事前登録は不要です。お誘いあわせの上、当日会場に直接お越しください。

Ċ
槌田博,
2014/10/28 22:18
Ċ
槌田博,
2014/10/28 22:19
Comments